戻る
AGA発毛再生外来・薄毛・抜毛

AGAってなに?AGAってなに?

最近、TVや雑誌などで「AGA(エージーエー)」という言葉を目にする機会が多くなっています。
このAGAとは「Andro Genetic Alopecia(男性型脱毛症)」の略で、日本語名から分かるとおり男性特有の脱毛症のことです。特に20代後半〜50代の男性に多くみられ、薄毛や抜毛に悩む男性のほとんどがAGAであると言えるでしょう。また日本人男性の3人に1人はAGAであるとも言われ、その数は実に1300万人に及ぶとされます。

AGAとは

このAGAは前頭部と頭頂部から髪が薄くなる特徴があり、その要因として遺伝や男性ホルモンが大きく関わっていると考えられています。また進行性の脱毛症でもあり、放っておくと薄毛の範囲が広がってしまうため、早期のケアが重要となります。

AGAの種類AGAの種類

若年性脱毛症

20代~30代に発症するAGAを若年性脱毛症と言います。近年、ライフスタイルの変化や社会的ストレスの増大が影響し、若年性脱毛症が増えている傾向にあります。

壮年性脱毛症

40代~50代に発症するAGAを壮年性脱毛症と言います。AGAは加齢による要因から発症する機会が増えるため、壮年期から急速にAGAとなるケースが多くみられます。

どちらもAGA

AGAの原因AGAの原因

  • <空>原因1 男性ホルモン

    「男性ホルモン」であるテストステロンは抜毛・薄毛の三大要因の一つです。テストステロンは還元酵素の5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、このDHTが頭髪の毛母細胞を萎縮させ、髪の成長が阻害されることで薄毛となるのです。これは個々人の体質による要因であるため、生活環境を変えたり頭皮洗浄などを行っても決して改善されることはありません。

    イラスト
  • 原因2 遺伝

    薄毛体質の「遺伝」は抜毛・薄毛の三大要因の一つです。還元酵素5αリダクターゼによって悪玉脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが生成されることで抜毛・薄毛となるのですが、この還元酵素5αリダクターゼの働きには個人差があり、体質遺伝によってその働きも受け継がれてしまうため、医学的治療によって体質変化を行う必要があります。

    イラスト
  • 原因3 ストレス生活習慣

    抜毛・薄毛の三大要因の一つに「血流低下」があります。髪の成長に必要な栄養やエネルギーは血液によって毛根の毛母細胞へ運ばれるため、血流が低下してしまうと髪の栄養不足となって抜毛・薄毛となるのです。そして一旦、抜毛・薄毛が進行した状態となると、ストレスや生活習慣を改善して進行を止めることは出来ても、決して元に戻ることはありません。

    イラスト
イラストイラストイラストいくつ当てはまりましたか?自分がAGAだと思ったらこちらもチェック!薄毛レベルチェック
薄毛・抜毛は治療出来ます!!お気軽にご相談下さい。
WEB予約 無料メール相談
1ヶ月6000円から 抜毛・薄毛を完全解消!リザクレクション発毛薬 確実に髪が生えてくる!HPS成長因子注入療法
無料電話相談 0120-59-5155 WEB予約 無料メール相談
AGA発毛症例写真 AGA発毛体験者の声 専門院との違い

PICK UP

ご予約・ご相談 24時間受付中 0120-59-5155

MENU